勅使河原茜のブログ「おもいの花束」

2017年04月20日

インデックスページへ

第98回 創流90周年記念個展「HANA SO」

草月流は、今年創流90周年を迎えました。

多くの皆様から、たくさんのあたたかいご理解とご支援をいただきながら、今日まで歩んでこられましたことを心から感謝いたします。

 

この4月、創流90周年のメインイベントともいえる「創流祭」、そして6年ぶりとなる私の個展「HANA SO」を開催いたしました。

 

omoi98-1 (301x448).jpg

 

個展の会場は、東京・赤坂の草月会館。草月人にとってはおなじみの空間です。

いつもの見慣れた空間を、私自身にとって、いかに刺激的な空間に変貌させるかが、今回最大の課題でした。

悩みぬいた結論は、今をときめくデザイナー・佐藤オオキさん率いるデザインオフィスnendoに空間構成を依頼すること、そして、日本の現代アートを牽引する小山登美夫ギャラリー所属のアーティストの方々にコラボレーションをお願いすることでした。

幸いどちらも快くお引き受けいただき、個展の準備がスタートしました。

 

omoi98-2 (448x336).jpg

たくさんのボランティアの皆さんが制作に参加してくださいました!

 

佐藤オオキさんと何度も意見交換を重ねて完成したのは、いまだかつて目にしたことのない、4万枚のステンレスプレートの「鏡のツタ」に覆われた異空間。

 

omoi98-3 (448x299).jpg

 

鏡のツタの圧倒的な力に気圧され、迷いながら、悩みながらいけこみ当日を迎えました。

 

omoi98-4 (448x299).jpg

 

omoi98-4@ (448x299).jpg

 

omoi98-4@@ (448x299).jpg 

いけこみ風景

 

しかし、一旦いけはじめると、鏡のツタに覆われた石庭が、植物たちをすっと迎え入れてくれました。

石庭、鏡のツタ、植物がひとつに溶け合った、めくるめく不思議な空間が出現しました。

 

omoi98-5 (448x299).jpg

 

2階は真っ白な空間に設置した4名のアーティストの作品に、植物の有機的な存在感を対峙させました。

5階の日本間も、2名のアーティストによるユニークな立体作品と戯れるような気持ちで植物と向き合いました。

omoi98-6 (448x299).jpg

 

omoi98-7 (448x299).jpg

2階いけこみ風景

 

アート作品に向き合った時のひらめきから作品が立ち上がる、恐ろしくもスリリングな瞬間でした。

 

omoi98-8 (448x299).jpg

プラザの御所車にいけた作品

 

omoi98-9-1(448x336).jpg

omoi98-9-2 (448x336).jpg

omoi98-9-3 (448x299).jpg

omoi98-9-4(448x336).jpg

2階

 

omoi98-10-1(448x336).jpg

omoi98-10-2(448x297).jpg

5階

 

90周年記念の今回の個展で、100年に向けての第一歩となる「新たな挑戦」という目標は達成できたのではないかと思っています。

 

次回は、舞浜アンフィシアターで開催した「創流祭」をリポートします。

どうぞお楽しみに!

 

 

創流90周年記念 勅使河原茜 個展「HANA SO 

会期:2017年4月5日(水)〜10日(月)  ※この展覧会は終了いたしました。
会場:草月会館(東京都港区赤坂7-2-21 TEL:03-3408-1154)
開場時間:10時~20時(5日は18時閉場、9日は8時開場)
入場無料
会場構成:デザインオフィスnendo
協力:onndo
特別展示協力:小山登美夫ギャラリー
特別展示:「勅使河原茜と現代アートのコラボレーション」
招待作家:大野智史、大宮エリー、菅 木志雄、日高理恵子、廣瀬智央、山本桂輔

前の記事へ


このページの先頭へ