イベント

インデックスページへ

【2017年4月5日〜10日】草月創流90周年記念 勅使河原茜 個展 HANA SO

草月創流90周年を記念して、第四代家元・勅使河原茜の個展を開催いたします。会場は丹下健三による設計で、イサム・ノグチの石庭『天国』を有する草月会館。花と向き合い、その自由な感性で多くの人に感動を伝えてきた茜家元が、世界的に活躍するデザイナー・佐藤オオキ氏率いるデザインオフィスnendoとともに創り出す新たな花の世界――。みずみずしい創造力は、小山登美夫ギャラリー所属のアーティストの作品からインスピレーションを得て、豊潤な美の世界を見せてくれることでしょう。花への想いがあふれる創造空間をお楽しみください。

 

家元個展ビジュアル.jpg

 

会期:2017年4月5日(水)〜10日(月)
会場:草月会館(東京都港区赤坂7-2-21 TEL:03-3408-1154)
開場時間:10時~20時(5日は18時閉場、9日は8時開場)
入場無料
会場構成:デザインオフィスnendo
協力:onndo
特別展示協力:小山登美夫ギャラリー
特別展示:「勅使河原茜と現代アートのコラボレーション」
招待作家:大野智史、大宮エリー、菅 木志雄、日高理恵子、廣瀬智央、山本桂輔

 

〈勅使河原茜家元からのメッセージ〉

話そう・・・ 放そう・・・ 花成そう・・・ HANA SO

いけばなは、おもいを伝えるコミュニケーションの手段です。草月流は型にとらわれたいけばなを解放することからスタートしました。あらゆる制約からいけばなを解き放ち、どこまでも自由に表現することを目指して。花に寄り添い、花に想いをよせながら、花を創造することで、さまざまな人たちとつながりたい、そんなおもいを込めて。

勅使河原茜

 

〈展示内容〉

第1会場(草月プラザ)
国内外で活躍するデザイナー・佐藤オオキ氏が茜家元との対話を重ね、イサム・ノグチ作石庭『天国』の新たな魅力を引き出します。草月人になじみの深いこの場所。誰もが知っているけれど、誰も見たことがない、いけ手の創作意欲をよりかき立てる姿となった草月プラザで、茜家元の作品をお楽しみください。

第2会場(2階談話室)、第3会場(5階日本間)
特別展示「勅使河原茜と現代アートのコラボレーション」
現代美術ギャラリー「小山登美夫ギャラリー」所属のアーティスト作品と、彼らのアート作品からインスピレーションを受けた茜家元の作品の共演が見所となります。

 

〈ご紹介〉

佐藤オオキ
デザインオフィスnendo 代表デザイナー。1977 年カナダ生まれ。Newsweeks 誌「世界が尊敬する日本人100 人」に選出され、ELLE DECO International Design Awards およびWallpaper*誌の「Designer of the Year」をはじめとするデザイン賞の数々を受賞。代表的な作品は、ニューヨーク近代美術館(米)をはじめとする世界中の美術館に収蔵されている。

小山登美夫ギャラリー
1996 年にオープン。日本のアーティストの実力を国内外に発信。日本以外の欧米、アジアの多くのアーティストも日本に紹介する。国境やジャンルにとらわれず巨匠から若手まで、独自の視点で現代アートマーケットのさらなる充実と拡大を目指している。現在、六本木と渋谷ヒカリエに2つの場所を構える。

 

前の記事へ

次の記事へ


このページの先頭へ