イベント

インデックスページへ

草月創流90周年スペシャル 第5回「草月Facebookみんなのいけばな展」結果発表

草月創流90周年スペシャル 第5回「草月Facebookみんなのいけばな展」に
世界18ヶ国より、166件のご応募がございました。
たくさんのご応募ありがとうございます!
草月Facebookみんなのいけばな展 特設Facebookページ

今回は、創流90周年記念特別展として、創流90周年をお祝いする作品を募集しました。
草月流第四代勅使河原茜家元審査による「金の月賞」「銀の月賞」に加え、
今回は特別にジュニア作品に贈る「いけるちゃん賞」、
季刊『草月』スタッフが選ぶ「季刊『草月』賞」も設けました。
栄えある受賞作品が決定いたしました!

 

 

金の月賞
平岩 ひさ英(愛知県)

平岩ひさ英(金の月賞)

花材:レッドウィロー、アンスリウム
花器:自作陶器花器
家元よりコメント:線による構成で、軽やかで気持ちの良い空間の動きが出ている作品です。ユニークな器をいかし、自然な表情を効果的に取り入れたレッドウィローの線ともうまく共鳴しています。アンスリウムの上昇するようなイメージにも動きがあり、線との繋がりを感じさせます。徹底してシンプルにまとめたことで、作品全体の動きがふくらみを持ち、より印象的なものになりました。

 

 

銀の月賞
Sandra Jumikis(オーストラリア)

Sandra Jumikis(銀の月賞)

花材:ぶどう(蔓)、しゃくやく
花器:陶器花器
家元よりコメント:ぶどうの蔓と、器の不思議な質感が相まって、独特の世界観を作り出しています。一輪ずつのしゃくやくも、花の大きさや咲き具合がよく計算されており、見事な存在感を放っています。シンプルながらも緊張感があり、植物のおもしろさをいかした、繊細な表現力が伺える作品です。

 

 

銀の月賞
鈴木 朱実(東京都)

鈴木朱実(銀の月賞)

素材:ピンクッション、キング・プロテア、オンシジウム、椿、藤、ねこやなぎ、ばら(実)、しめ縄、水引
花器:陶器花器
家元よりコメント:「結ぶ」という形で、おめでたさが表現されています。キング・プロテアにインパクトがありますが、ピンクッションや、オンシジウム、ばらの実などが見せている細やかな動き、色彩の変化も、この作品の大切なポイントとなっています。強さと優しさが同時にあり、晴れやかなお祝いの雰囲気を感じさせてくれる素敵な作品です。

 

 

いけるちゃん賞

岡崎弘樹(いけるちゃん賞・8歳)岡崎 弘樹(8歳)
花材:ニューサイラン、ガーベラ
花器:鉄花器

安部優真(いけるちゃん賞・7歳)安部 優真(7歳)
花材:はらん、すかしゆり、グロリオーサ、アスパラガス・メリー
花器:陶器花器

舘林歩花(いけるちゃん賞・13歳)舘林 歩花(13歳)
花材:さんごみずき、菊、かすみそう
花器:陶器花器

 

 

季刊『草月』賞

Silvia Barucci(季刊『草月』賞)Silvia Barucci(イタリア)
花材:カトレア、枯れ葉
花器:自作陶器花器

Anne Justo(季刊『草月』賞)Anne Justo(イタリア)
素材:アンスリウム、異質素材
花器:陶器花器

中村寿美子(季刊『草月』賞)中村 寿美子(愛知県)
素材:バルーン、ふうせんとうわた、ドラセナ・コンシンナ、観音竹
花器:ガラス花器

Sandra Marker(季刊『草月』賞)Sandra Marker(オーストラリア)
素材:さるすべり、ハナカンザシ、コンピュータ部品、小石
花器:陶器花器

 

 

【家元総評】
第5回目となる「草月Facebookみんなのいけばな展」は、草月創流90周年を記念し、「創流90周年祝い花」を共通テーマとして作品を募集しました。今回も、国内はもとより、世界中からたくさんのご応募をいただき、本当にありがとうございます。
今回は、共に90周年をお祝いしてくださるみなさんの熱い思いが、全体の作品に、統一感を出していたと思います。これまでの自由なテーマとは異なり、共通のテーマがあった訳ですが、一つひとつの作品を見ていくと、テーマの解釈や、構成に個性が溢れており、幅広い表現がなされていることがわかります。アイデアやオリジナリティーに富んだ皆さんの「祝い花」は、まさに草月ならではという言葉にふさわしく、その表現力は、草月が更なる未来へ向かって羽ばたこうとしている今、とても頼もしく感じられました。
また、作品の撮影方法については、回を重ねるにつれ、写真のクオリティーが高まってきているように感じます。中には、いけた作品をどこに置くかというシチュエーションを考え、演出として取り入れている方もいらっしゃいました。思いがけないところに、よりよく撮影するためのヒントが隠されているかも知れません。
出品作品から学ぶことも多いと思いますので、インスピレーションを交換し合いながら、これからもチャレンジを続けてください。次回も、皆さんのご参加を心よりお待ちしております。

草月流家元 勅使河原茜

 

 

2017年2月1日より7月31日まで、
以下の特設Facebookページにて全応募作品を展示しております。ぜひご覧ください!
草月Facebookみんなのいけばな展 特設Facebookページ

第6回も開催予定です。応募要項は後日発表いたしますので、募集開始までしばらくお待ちください。 
第5回「草月Facebookみんなのいけばな展」応募要項

前の記事へ

次の記事へ


このページの先頭へ