イベント

インデックスページへ

【2019年3月20日〜25日】第100回草月いけばな展「花賛歌」

日本橋髙島屋S.C. にて、第100回草月いけばな展「花賛歌」を開催いたします。
「草月いけばな展」は、創流の翌年である1928年(昭和3年)に第1回が開催され、いけばなの新時代を拓く大きな一歩となりました。
記念すべき第100回を迎える本展では、勅使河原茜家元をはじめ、全国の代表作家870名による華麗ないけばな作品を一堂に展示いたします。
ぜひお越しください。

 

日本橋展ポスター_2019.jpg

 

会期:2019年3月20日(水)~25日(月) 午前10時30分~午後7時30分
        1期:3月20日(水)・21日(木・祝) 
        2期:3月22日(金)・23日(土) 
        3期:3月24日(日)・25日(月)
        (※但し21日(木・祝)・23日(土)は午後5時閉場、25日(月)は午後6時閉場 ※ご入場は閉場時間30分前まで)
会場 :日本橋髙島屋S.C. 本館8階ホール
入場料:当日券1000円(税込)、前売券800円(税込) ※15歳以下は無料

※作品は会期毎に入れ替わります。
※前売券は、ご出品者様、又は草月会館、大阪教室にてお買い求めください。
※指導者様向けに配布用ちらしをご用意しております。事業課までご連絡ください。

【同時開催】勅使河原茜の植物インスタレーション
                 「蒼風オブジェ×植物」

                 3月13日(水)~25日(月) 本館1階正面ステージ・ショーウインドー

DSC_0232_s.jpg

主催:一般財団法人草月会
お問合せ:事業部事業課 03-3408-1156 kikaku@sogetsu.or.jp

 

〈勅使河原茜家元からのメッセージ〉
毎年国内外から草月いけばなの粋を集め開催される草月展は、今回で記念すべき100回目を迎えます。
時代を呼吸し、今ここにふさわしい花を追求し続けてきた草月流が、創流以来一貫して守り続けてきたもの。それは初代家元・勅使河原蒼風の「花はいけたら、人になる」という理念です。
どれほど時代が進み社会が変化しても、いけばなは今を生きる人のおもいを映し出すものであるということに変わりはありません。
大きな節目となる今回は、私たちが追い求めてきた最も新しいいけばなのかたちをお見せすると共に、いけ手自身にもスポットをあて、そのパワフルで魅力的な姿もお伝えしたいと思います。
花に寄り添い、花と共に生きる一一。この喜びに満ちた本展が、草月流の新たなステージヘの第一歩となることを強く信じています。

勅使河原茜

 

〈見どころ〉
100回記念企画
特別友情出品 佐々木健介さん・北斗晶さんによる作品(展覧会場内)
タレントの北斗晶さんが、季刊『草月』2019年春号の家元対談にご登場いただいたご縁で、佐々木健介さんとともに友情出品してくださることになりました。出品のためにお稽古を積まれたお二人が、展覧会会場内にて合作をお披露目します。

日本橋展2019_見どころ3.jpg

 

日本橋展2019_見どころ1.jpg

 

日本橋展2019_見どころ2.jpg

前の記事へ

次の記事へ


このページの先頭へ