草月ArtCenter

旧草月会館の落成後まもない1958年に、草月アートセンターは勅使河原宏をディレクターとして発足。さまざまなジャンルの表現がその枠にとらわれずに自由に集まり、創造し、発表し、批評し合える場、アーティスト同士が交流できる場を目指して活動を開始した。この活動が最も画期的とされたのは、アーティストが自分自身で自作をプロデュースするというシステムで、これが商業主義の嵐から創造活動を守る上で非常に大きな役割を果たした。

草月アートセンターの主な活動は、(1)60年代全般のジャズの研究的なコンサート「草月ミュージック・イン」、(2)現代音楽の新しい発表の場となった「草月コンテンポラリー・シリーズ」、そして(3)60年代後半に特に活発な動きを見せたアニメーションや映像の実験の場「草月シネマテーク」の3本の柱を主に、相互交流もさかんに行われ、いくつものコラボレーションが実現した。 またここではアメリカの先端的な芸術が数多く紹介され、ジョン・ケージやデヴィッド・テュードアのイベントが「ジョン・ケージ・ショック」といわれるほどの衝撃を与え、オフ・ブロードウェイのミュージカル「6人を乗せた馬車」の斬新な舞台も大きな話題となった。

草月アートセンターは舞台上での創作活動だけでなく、ポスターや機関誌「SACジャーナル」の制作・編集にも多くの若い才能を起用した。中心人物として秋山邦晴、粟津潔、飯島耕一、一柳慧、大岡信、杉浦康平、高橋悠治、武満徹、東野芳明、中原佑介、横尾忠則、和田誠などが挙げられる。

ジョン・ケージとデヴィッド・テュードアのイベント

「ジョン・ケージとデヴィッド・テュードアのイベント」左よりジョン・ケージ、デヴィッド・テュードア、小野洋子、黛敏郎 1962年

ローシェンバーグへの公開質問会

「ローシェンバーグへの公開質問会」ローシェンバーグは、質問には一切答えず、黙々と舞台上で作品を制作する。1964年

アンダーグラウンド・フ ィルム・フェスチバル

草月シネマテークのプログラムとして開催された「アンダーグラウンド・フィルム・フェスチバル」のポスター
デザイン:細谷巌。1967年

マースカニングハム舞踊団来日公演

マースカニングハム舞踊団来日公演。1964年


このページの先頭へ