ニュース

2011年10月20日

インデックスページへ

「男子専科」担当者の教室紹介日記 第2回更新しました

本日のテーマ:男子専科誕生

こんにちは。

「男子専科」担当の佐々です。

今日は男子専科誕生のお話をしてみます。

先代の勅使河原 宏(てしがはら ひろし)家元は、女性ばかりのいけばな教室に男性が独りぽつんと混じって心細そうに??いける姿を見て、考えました。

「これからは、男性のいけばな作家が活躍する時代がくる!」

「男性ならではの感性を育てたい!!」

そして、

「もっとのびのびと稽古させてあげたい…」

確かに、女性ばかりの環境に男性が一人のり込むというのは勇気がいりますね。←私もそうです。

ちなみに、自意識過剰な私がその立場だったら、変に周りの視線を気にして、無意味に緊張してしまうことでしょう。

いや、どうせ誰も見てないことは分かってますよ?そう分かっていても気にしてしまうんです・・・↓((+_+))

・・・と、まぁ私のことは別にしても、そのような環境ではお稽古に集中できない男子は多いと思います。

そこで、男がのびのびと稽古できる、男だけのいけばな教室を立ち上げることとなったのです。

本部教室「男子専科」の誕生です。

19826月のことでした。

その当時に、男性がいけばなを総合的に学べるようにと独自のカリキュラムを組み、

その中にはなんと!英語の講義もありました!(これってすごくないですか??)

在籍者の皆さん、驚いてるだろうな。。。今はなくてごめんなさい・・・(;一_)

圧倒的に女性人口の多いいけばな界ですが、最近は保母さん、看護師、飛行機の客室乗務員など、女性が多かった分野への男性の進出が目立つようになりました。だから、男性がいけばなに進出しても何も問題ないですね↑

今「男子専科」では、毎レッスン15名くらいが感性の赴くまま男の花をいけてます。

仕事帰りにのびのびしてみたいビジネスマンの方、ぜひ一度潜入(見学、体験)してみてください。癒し効果は抜群です。

男だけですので、全然緊張することないですから!(^-^)

ののびのびいける男の花

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

Tel.03-3408-1209  e-mail:kyoshitsu@sogetsu.or.jp

見学・申込みはこちら

前の記事へ

次の記事へ


このページの先頭へ