ニュース

2018年09月13日

インデックスページへ

ダンスの祭典同時開催 現代いけばなと草月アートコレクション展示

〜アーティストたちとの関わりから生まれるいけばな〜

 一見ミスマッチにも感じる「ダンス」と「いけばな」ですが、創り手の奥底にある情感が身体を透して生み出されたものがダンスであるとするならば、創り手の「おもい」が植物を透して生み出されたものが「いけばな」であると言えるのではないでしょうか。

この度草月流では、ダンスを透して新たな可能性を提案するダンスフェスティバル「 Dance New Air 」の試みに賛同し、ダンスに共鳴するインスタレーション作品を制作すると共に、草月流作家によるいけばな作品と、歴代家元と世界のアーティストとの幅広い交流の所産ともいえる美術コレクションの一部を展示します。

長い歴史を持ついけばな界にあって、常に時代にふさわしい「花」を模索し続けてきた草月流の作家たちによる美の世界をご覧ください。

 

企画展示①

「見えるもの・見えないもの」展

 見えるもの.jpg

 

イサム・ノグチが手掛けた石庭「天国」に広がる竹ひご1万本を使用した幻想的なインスタレーション作品。

同空間では、1011日・12日にBLUE TOKYOのダンスパフォーマンスを上演します。

 

【会  期】2018103()14()

【会  場】草月会館1階・草月プラザ

【開場時間】10001900(予定)

                ※10日・11日・12日は1700閉場

                ※14日は1600閉場

【入 料】 無料

【作  家】山田幸泉(草月流作家)

 

Visible / Invisible

Installation art with ten thousand thin bamboo strips by Kosen Yamada.

On October 11th and 12th, BLUE TOKYO will perform in this space.

Dates: October 3rd(Wed.)-October 14th(Sun), 2018

Time: 10:00 am – 7:00 pm (Closing at 5:00 pm on 10th , 11th and 12th , 4:00 pm on 14th)

Venue: Sogetsu Plaza

Address: 2-21 , Akasaka 7-chome , Minato-ku , Tokyo

Admission Free


 

 企画展示②

「珠玉の赤と花の旋律」展

 

AACC2575.JPG                             photo: 御堂義乗 

勅使河原蒼風が特別注文した、ウィーンの至宝ベーゼンドルファー社の、世界に3台しかないと言われる革新的なデザインの赤いピアノを特別公開。

草月コレクションの多彩な花器にいけられた草月流作家のいけばなと共に展示。

 

【名  称】「珠玉の赤と花の旋律」

【会  期】1期:2018103()5()

                 2期:20181010()12()

【会  場】草月会館2階・談話室

【開場時間】10001900(予定)

【入 料】 無料

【作  家】草月流作家 約15

 

Ikebana meets Gem Sogetsu Collection

The exhibition of Sogetsu art collection and Ikebana with masterpiece vases.

Dates: First term: October 3rd(Wed.)-October 5th(Fri), 2018

Dates: Second term: October 10th(Wed.)-October 12th(Fri), 2018

Time: 10:00 am – 7:00 pm

Venue: Lounge, 2nd Floor of the Sogetsu Kaikan

Address: 2-21 , Akasaka 7-chome , Minato-ku , Tokyo

Admission Free


 <草月コレクションとは>

草月流歴代家元と芸術家たちとの幅広い交流の過程で蒐集された作品の数々。

草月会では古今東西の広いジャンルに及ぶ美術品を所蔵、その一部を美術館などへ寄託しており、

芸術活動を支える役割を担っていました。

 

<今回の展覧会でご覧いただける作品の一部>

○ イサム・ノグチ「天国」

○ ベーゼンドルファー(ピアノ)

○ サム・フランシス (版画)

○ ピエール・アレシンスキー (版画)

○ 加藤清之(花器)

○ あらたにみさ子(花器)

 

 

Dance New Air 2018

2年に1度、東京・青山を中心に開催されているダンスフェスティバル。

今回のテーマは「身体を透してみえてくるもの」をキーワードに、

感性に訴えてくる圧倒的な作品がラインアップされています。

今年は草月ホールと草月プラザが会場の一部として使用されます。

 

【会   期】 2018103日(水)〜 14日(日)

【主   催】 Dance New Air実行委員会

                     一般社団法人ダンス・ニッポン・アソシエイツ

                     株式会社ワコールアートセンター

                     http://dancenewair.tokyo

【草月ホール】 2018103日(水)〜5日(金)

                     黒田育世『ラストパイ』

【草月プラザ】 200181011日(木)・12日(金)

                           BLUE TOKYODNAスペシャルパフォーマンス』

 

 

 

 

前の記事へ

次の記事へ


このページの先頭へ