ニュース

2019年03月05日

インデックスページへ

草月会Presents ② 丹野霞園・松岡圭介 二人展 開催

『生きている彫刻、死んでいる彫刻。』

◆2019年3月6日(水)~10日(日)10:00-18:30

丹野霞園=草月会館1階 草月プラザ

松岡圭介=草月会館2階 談話室

主催=一般財団法人草月会

入場料=無料

トークイベント=前田耕成(彫刻家)× 松岡圭介 × 丹野霞園 ※満員御礼

3月6日(水)11:00 ~ 2階談話室 500円(1ドリンク代) 定員50名

◆お問合せ=丹野霞園 080-1832-1203


草月会では3月6日より、東北芸術工科大学大学院の卒業生である2人の作家による二人展を開催いたします。

草月流師範の丹野霞園は、70歳を超えてなお新たな表現の可能性を求め、同大学院への入学を決意しました。松岡氏は以前より丹野が会いたいと願っていた作家の一人で、この度の二人展開催に快諾いただく運びとなりました。

「いけばな」と「彫刻」、異なるフィールドで活躍する2人の世界観が交差する5日間をご堪能ください。

丹野(樋口徹).JPG丹野霞園作品 撮影:樋口徹

a standing man2.jpg松岡圭介作品 a standing man (2006)

 


前の記事へ

次の記事へ


このページの先頭へ