アトリエもの作り日記

2011年12月26日

インデックスページへ


12月の仕事

2011年12月某日、アトリエは2012年を飾るいけばなの下準備中です。お正月が目前です。お正月は春、秋と並んでもっとも日本の伝統文化「いけばな」が注目される季節かもしれません。草月流本部では東京周辺各スポットにお正月の作品を制作する予定です。お正月の花材といえば松竹梅や千両などですが、ホテルや商業施設のいけばなには作品をより華やかに見せるため、竹や木などを着色して使うことがあります。お正月の色はおめでたい金色や赤など。植物をカラフルに着色する様子を紹介します。

 

竹を塗る2.JPG竹やふじづるの着色は地道に平刷毛で塗ります。結構時間がかかります。コンプレッサーやカラースプレーを使えば早く簡単にできるのですが大きな材料は施設の関係でアトリエではできません。

竹を塗る.JPG

太さ3~4cm長さ4mの竹を並べて金色に塗ります。片面塗れて乾いたら裏返しです。

竹を塗る遠景.JPG腰の高さに竹を並べることで作業姿勢が楽になります。

金竹アップ.JPGゴールドの竹です。

赤ふじつる.JPG赤く塗ったふじづる。うねった曲線が一段と強調されます。 








塗料たち.JPG使用中の塗料 白・金・赤の各色。画面下のぼろきれ、塗装作業の必需品です。

塗料室.JPGのサムネール画像アトリエの塗料室。たくさんの種類と色があります。ほとんど水性塗料です。

トラック.JPGおまけ。
これからいけこみに出かけるトラックです。気をつけていってらっしゃい。

筆者は清浄な静けさを感じるお正月の東京が好きです。お正月に時間があるかたはぜひ草月流のお正月花をめぐる東京散歩にお出かけください。(→こちらをご覧ください。)

では皆様良いお年をお迎えください。アトリエスタッフ一同、来年もがんばります!

 

 


前の記事へ

次の記事へ


このページの先頭へ