東京 男子専科

男子専科は、男性向けの教室です。
1982年、第三代家元・勅使河原宏が創設した男子専科は、2012年に30周年を迎えました。
男性にとって学びやすい環境を整え、初心者から指導者の育成まで、講師陣が丁寧にご指導します。
男性だけといっても、年齢はもちろん、生活スタイルも実に様々。
いけばなを学ぶ目的も、それぞれ違います。
まずは趣味として、仕事帰りにほっと一息つける場所として、ライフスタイルにいけばなという新たな趣向を取り入れてみませんか?

2021年10月より、男子専科は予定通り開講いたします。
日程は本ページ下部をご確認ください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております!

新型コロナウイルス感染症感染防止対策について
3密を避け、感染防止対策を徹底して受講する皆さまをお迎えしております。体調がすぐれない方はご来館をお控えください。また、ご来館の際は必ずマスクをご着用いただくとともに、うがい手洗いのご協力をお願申し上げます。皆さまが安心してお過ごしいただけますよう、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

お問合わせ
一般財団法人 草月会 教室運営課
E-mail:kyoshitsu@sogetsu.or.jp

教室概要

受講日:金曜日(10月より水曜開催あり)
時間:17:45~19:30まで
場所:草月会館 5階教室
入会金 :11,000円(初回のみ)
受講料:下記いずれかのお支払い方法を選択可

  1. 月謝制(先払い):12,040円(レッスン3回分の受講料)+花材費(1,940円/1レッスン)
  2. ワンレッスン(都度払い):4,500円(レッスン1回分の受講料)+花材費(1,940円/1レッスン)

〈茜家元継承20周年記念キャンペーン〉実施中!
●22歳以下の学生の方→入会金11,000円を無料に! ※入会時に学生証をご提示ください。
期間:2021年4月~2022年3月

※家元教室への振替受講が可能なほか、家元研究科への参加特典もございます。

担当講師

草月流本部講師

岩渕幸霞
澤田晃映
西山光沙

スケジュール

2021年 デモンストレーション・カリキュラムテーマ

6月

4日(金)岩渕幸霞
1-11 第一応用立真型・盛花
2-10 自由花+スケッチ「父の日に贈る花」
9日(水)西山光沙
1-14 第一応用傾真型・投入
5-13 ガラス花器をいかす
18日(金)澤田晃映
3-14 面の構成(葉ものなどを使って)
5-26 自由花「七夕」

7月

2日(金)澤田晃映
1-20 特殊な花材・行事の花(すいれん・こうほね)
5-27 自由花
7日(水)岩渕幸霞
4-12 水を意識する
5-28 自由花
16日(金)西山光沙
4-10 野菜・くだものをいける
5-18 動きを表現する

 

8月 休講

 

【中止】9月

3日(金)岩渕幸霞
4-5 まぜざし
4-13 枯れもの・漂白花材・着色花材
8日(水)西山光沙
1-16 第二応用立真型・盛花
5-19 レリーフ
17日(金)澤田晃映
2-4 第三応用傾真型・投入
5-25 花展をめざす

10月

1日(金)澤田晃映
2-1 第三応用立真型・盛花
5-16 掛け花・吊り花
6日(水)岩渕幸霞
5-15 ミニアチュール
4-17 植物を使った壁作品
29日(金)西山光沙
4-7 実もの
4-16 器と床面を意識して構成する

11月

5日(金)岩渕幸霞
2-9 第四応用垂真型・投入
4-6 つるもの
10日(水)澤田晃映
3-17 同じ形を繰り返す
モノクロの表現
19日(金)西山光沙
3-7 直線と曲線の構成
5-20 アートとの語らい

12月

3日(金)岩渕幸霞
5-6 すいせん
8日(水)澤田晃映
3-13 マッスと線の構成(直線または曲線)
4-19 場面を想定して
17日(金)西山光沙
2-16 第七応用花型(浮き花・敷き花・盛物)
5-11 祝い花

※スケジュール・講師は、変更となる場合がございます。

お問合わせ

一般財団法人 草月会 教室運営課
TEL:03-3408-1209
FAX:03-3405-4947
E-mail:kyoshitsu@sogetsu.or.jp

ホーム 草月を習う 本部教室案内 東京 男子専科